夏といえば浴衣!浴衣の種類と選び方

夏はお祭り、花火大会など1年の中でも一番ウキウキするイベントが多いですよね。
そんな夏に活躍するのが浴衣ですよね。浴衣は夏の蒸し暑い夜でも涼しく着れて普段とは一味違った女性らしさを演出できるので、一着は持っていたいですよね。

そんな浴衣でも合わせる帯によっては観劇などの服装に格が必要な場所にも着ていくことができます。
今回は浴衣の種類と着ていくのに最適な場所をご紹介します。

気軽に楽しめる「浴衣」

浴衣は木綿や化繊など色々な素材で作られています。手頃な値段でたくさんの柄があるので、自分の好みの浴衣を好きなだけ選ぶことができるのも女性の心をくすぐりますよね。
お祭りや花火大会などのよくある夏のイベントで浴衣を着るなら、麻の半幅帯を合わせましょう。名古屋帯を合わせると格が高くなって「よそゆき浴衣」となります。ただ、化繊や綿コーマ素材の浴衣には名古屋帯は不釣り合いなので合わせないようにしましょう。

白の浴衣に藍色の半幅帯が一番ベーシックな組み合わせなので、迷ったらこの組み合わせを選べば間違いありません。

観劇や食事会にも使える「よそゆき浴衣」

上質な生地を使った浴衣は、普通の浴衣よりも格が高くなります。上質な生地とは、薄い生地の綿紅梅や綿絽などです。
この生地で作られた浴衣に格の高い名古屋帯や袋名古屋帯を合わせれば、どんな場所に出かけても恥ずかしくない品のあるお出かけできる浴衣となります。高級レストランや音楽会など、普段なら訪問着などを着ていくべき場所でも、この組み合わせの浴衣ならOKです。
ただ、ビアガーデンや花火大会など名古屋帯を合わせるにはちょっともったいかもしれません。

よそゆき浴衣に半幅帯を合わせれば、少し気合を入れたお出かけにピッタリです。名古屋帯ではもったいないビアガーデンや花火大会でも、半幅帯ならOKです!
帯の結び方は若い女性ならリボン結び、大人の女性なら角出しが女性らしさをグンと高めてくれます。

あわせて読みたい