カジュアルな着物にも格式があるの?カジュアル着物のTPO

冠婚葬祭に使うのはフォーマル着物ですが、ショッピングなどのお出かけ用の着物をカジュアル着物と呼びます。
お出かけ用なら何を着てもいいじゃない?と思うかもしれませんがカジュアル着物にも格がありますので、せっかくなら時と場所に応じた着物選びをしたいものです。

ここでは、カジュアル着物の種類とTPOルールをご説明していきます。

江戸小紋(えどこもん)

格式
特長
高度な技術で細かい模様を染めた着物です。カジュアル着物の中では最も格が高いので、かしこまった場にお出かけする際には江戸小紋を着るのがオススメです。
着用シーン
観劇や会食など、品の良さを要求される場へのお出かけに。

江戸小紋は遠目から見ると無地に見えますが、近くで見ると細かい模様が描かれているのが特徴です。この模様の発端は江戸時代にあり、模様の豪華さを大名たちが競い合うようになったため幕府が規制を加えたため、遠くから見た場合は無地に見えるような細かい模様の着物が出来上がったのです。

≪江戸小紋の代表的な模様≫
点で描いた円が重なるように並んだ柄の「鮫」

点が縦横に規則正しく並んでいる柄の「通し」

点が斜めに規則正しく並んでいる柄の「行儀」

小紋(こもん)

格式
特長
大人し目の柄からカラフルで華やかな柄まで、様々な柄があるのが小紋です。お出かけ先の雰囲気に合わせて柄を選べば、周囲から一目置かれる存在に。
着用シーン
観劇や会食など、品の良さや華やかさを要求される場へのお出かけに。

御召(おめし)

格式
特長
落ち着いた雰囲気で参加する場にぴったりなのが御召です。軽くて裾さばきも良いのでとても着心地がいいのが特長です。
着用シーン
観劇やお稽古など、落ち着いた雰囲気を要求される場へのお出かけに。

紬(つむぎ)

格式
特長
かしこまった会食から普段のショッピングまで、幅広く着ていけるのが特長です。普段のお出かけより少しだけお洒落な装いにしたい時にピッタリです。
着用シーン
友人との会食など、普段よりも少しお洒落をしてのお出かけに。

木綿(もめん)

格式
特長
手頃な値段で着心地も良いので、普段着としての着物にピッタリです。観劇などにはあまり向きません。
着用シーン
散歩や近所へのお買い物に。

ウール

格式
特長
軽い、動きやすい、手入れが楽という3拍子揃った着物がウールです。ウールで出来ているので、自宅で洗濯できるのが特長です。
着用シーン
散歩や部屋着に。

あわせて読みたい