通夜・告別式での着物のルールは?

着物に詳しいネコさん
お通夜や告別式に着ていく着物は、故人との関係で変わってくるニャ。
間違った着物を着ていくと遺族の方に礼を欠いてしまうことになるニャ。
葬儀の時の着物について説明するから、参考にして欲しいニャ。

親族の立場で通夜・告別式に参加する時の着物

着物に詳しいネコさん
喪主や親族として通夜・告別式に参加する場合は、黒喪服の着物を選ぶニャ。無地の黒い着物に黒い帯を合わせたものを黒喪服と呼ぶニャ。

黒喪服は喪服の礼装になります。帯は地紋の入った綴織りや織り名古屋帯を選ぶと良いです。バッグなどの小物は光沢の無い黒で揃えます。
お化粧も控えめにし、赤い口紅、マニキュア、チークなどは避けるようにしましょう。

喪主は三回忌〜四回忌までは黒喪服で参加し、それ以降は色喪服でもOKとなります。

友人の立場で通夜・告別式に参加する時の着物

着物に詳しいネコさん
友人として通夜や告別式に参加する場合は、色喪服の着物を選ぶニャ。地味な色をした無地の着物に黒い帯を合わせたものが色喪服ニャ。

色喪服は喪服の準礼装です。薄茶色や紫、灰色などの地味な色の着物を使いまわしてもOKです。バッグなどの小物は黒喪服と同様に光沢の無い黒で揃えます。
黒い羽織を羽織れば、より葬儀の場に馴染んだ印象となります。

着物に詳しいネコさん
友人として参加するけど黒喪服を着たい、という人がいるかもしれニャいけど、それはNGニャ。
序列を重んじて自分の立場にあった着物を着るというのが、昔からの伝統なのニャ。

どうして喪服は黒なのか?

着物に詳しいネコさん
意外かもしれニャいけど、昔は白い喪服が普通だったニャ。喪服が黒に変わっていったのは、明治時代の頃らしいニャ。
国のトップ達が西洋文化の影響を受けて黒いスーツを着用するようになって、その後市民にも黒い喪服の文化が普及していったみたいニャ。
ニャー達は生まれた時から喪服は黒っていうイメージがあるから、白い喪服っていうのは想像つかないニャ~

あわせて読みたい