結婚式の着物ルールは?何を着てけばいい?

着物に詳しいネコさん
結婚式に着物で参加する場合、新郎新婦との間柄で選ぶ着物が変わってくるニャ。
そこで、結婚式ごとの着物のルールをニャーが解説するニャ。

親族や主賓として結婚式に参加する場合

着物に詳しいネコさん
親族や主賓として結婚式に参加する場合には、礼服となる着物を選ぶニャ。
礼服には黒留袖・色留袖の2つあるニャ。

黒留袖(くろとめそで)は新郎新婦の母、既婚の姉妹など主賓クラスの女性が着用します。帯は袋帯を合わせます。
半衿(はんえり)、長襦袢(ながじゅばん)、足袋(たび)は必ず白を選んでください。
小物類は金・銀・白の礼装用を合わせます。

色留袖(いろとめそで)は未婚・既婚を問わずに着用できる礼装用の着物ニャ。帯は袋帯を合わせるニャ。
黒留袖と同様に半衿・長襦袢・足袋は白を選び、小物類は金・銀・白の礼装用を合わせるニャ。

留袖のルール


黒留袖には染め抜き日向5つ紋、色留袖には染め抜き日向5つ紋または3つ紋、1つ紋を入れる必要があるニャ。
色留袖については紋が少ないほど格が下がるから、準礼服として色々な場面で着回したい場合は3つ紋、1つ紋を選んでもOKニャ。

比翼仕立て
着物は比翼仕立てで仕立てるといいニャ。比翼仕立てとは、衿、袖口・振り、裾周りに白羽二重の布を縫い付けて白羽二重を重ね着しているように見せることニャ。


帯は金・銀・白地の錦織、唐織の袋帯を合わせるニャ。帯揚げは白、帯締めは白または白地に金銀色の入ったものを合わせるニャ。

末広
黒留袖には黒骨の末広を、色留袖には黒または白骨の末広を合わせるニャ。

親戚、友人として結婚式に参加する場合

着物に詳しいネコさん
新郎新婦の姉妹、親戚、友人としてに参加する場合は、準礼服となる着物でOKニャ。
準礼服には訪問着、色無地、一つ紋の江戸小紋、一つ紋の付け下げがあるニャ。紋の無い江戸小紋、付け下げは結婚式には格が適さないから注意が必要ニャ。
もし結婚式が「神社や一流ホテル」で開催される場合は、できるだけ訪問着を選ぶようにするニャ。
着物に詳しいネコさん
訪問着は紋を入れニャないけど、格式が高い着物ニャ。帯は袋帯か織り名古屋帯を合わせるニャ。
江戸小紋と付け下げはカジュアルな着物に分類されるけど、紋を付ければ準礼服として利用することができるニャ。帯は袋帯・織り名古屋帯、染め名古屋帯を合わせるニャ。

カジュアルウエディング、1.5次会に参加する場合

着物に詳しいネコさん
最近はやりのカジュアルウエディングや1.5次会に参加する場合は、訪問着や江戸小紋、付け下げ、小紋などでOKニャ。
華やかな着物に重厚な帯を合わせるのが良いニャ。

あわせて読みたい